">
あるある大辞典の信用失墜! 病めて腰痛、飛んでけ腰痛! 団塊・健康管理士せぐパパがお届けする究極の腰痛対策、六つの秘密!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

あるある大辞典の信用失墜!

 あるある大辞典の放送がえらい事になっている。

  いわゆる「やらせ」だが、マスコミのやらせは実に影響が大きい。

  あまりの影響の大きさにイメージダウンを恐れたスポンサーが下りると言い出し、番組が終わりになるらしい。 今までも「みのもんた症候群」といわれたこともあり、一度放映されるとテレビを見た人がその情報は全て正しいと信じ込んで、それを買い込みに走る。

  今までも納豆とか、ココアとか、上げたら枚挙にきりがない。

  でも一般民衆はその情報が正しいか正しくないかを判断する基準すら持っておらず、ただ闇雲に放映されたものは正しいものだと信じてしまい、その効果を求め走り回る。

  しかし名のあるお医者さんや、我々健康管理士の一部は、メーカーやマスコミ、そして政府の言うことも、そのままを100%正しいと信じ込んではいけないことを知っている。

  ある側面では正しいことも全体を考えれば必ずしも正しくないこともある。その例も多い。

  マスコミは商業主義・資本主義である以上、スポンサーの意向を気にすることはある意味で仕方のない面もあるが、それにしてもメーカーの言いなりになって、嘘はつかないまでも、都合の悪いことは言わないことも往々にしてある。

  健康管理士はそのような商業主義を離れて純粋に「真の健康を求めて」正しい健康情報を伝えて行きたい。
スポンサーサイト

2007年01月25日 身体の健康 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。