">
娘が選んだ結婚相手とご対~~面! 病めて腰痛、飛んでけ腰痛! 団塊・健康管理士せぐパパがお届けする究極の腰痛対策、六つの秘密!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

娘が選んだ結婚相手とご対~~面!

今日、二女が結婚を前提として付き合っているという男性を家に
連れてきた。

とても緊張しているというので、気を使わないように娘に嫌われながらも
こちらが「おやじギャグ」を言ったりして、緊張を和らげてやろうとして
いる自分がいた。



私も、家内との結婚の許しを得るために家内の家を訪問した時に
お父さんがにこやかに迎えてくれはしたものの、体格は大柄で、
とても威圧感があり、興奮と緊張で、眼鏡が真っ白に曇ってしまい
口がパクパク状態だったことを思い出した(笑)。


いろいろ話して、気に入った。

素直な青年だ。安心して任せておけると思った。

1.「お嬢さんをください」とは言わなかった!


   これは、娘を「もの」扱いしている言い方なので、私にはNGだ。

   彼は「お嬢さんと結婚させて下さい」と言った。OK!



2.「お嬢さんを幸せにします」とは言わなかった!

   よくテレビでも出てくる言葉だが、私は好きではない。

   私が好きなのは「お嬢さんと一緒に幸せになります」だ。

   彼はそう言った。 OK!




1番目と3番目の娘はすでに結婚しており、私にとっては孫も3人も
いるが、真ん中の二女だけが残っていたもの。


あまりプレッシャーをかけてはいけない、いつか自然にその時が来る
だろうと気にしていなかったが、いざ、具体化してきたら、その現実が
目の前に広がり、なぜか「ホッ」としている自分がいた。


とてもとても大きな「安堵」が訪れた。



表面には出て来なくても、心の奥底で気になっていたことが解決したのだ。

 
家内と二人で言った。

「良かったね。我々はとてもとても幸せだね」と…。


娘に、娘たちに、そしてすべての家族に

ありがとう。感謝しています。

私たちは幸せです。
スポンサーサイト

2008年05月05日 アイドル トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。