">
家内が追っかけ 木山裕策と伊達公子 病めて腰痛、飛んでけ腰痛! 団塊・健康管理士せぐパパがお届けする究極の腰痛対策、六つの秘密!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

家内が追っかけ 木山裕策と伊達公子

最近、我がおっ家内が嵌っている人が二人現れた。



こんなことはいまだかって、こんなことはなかったのに

今、家内は、いわゆる「追っかけ」をやっている。




話題の人、木山裕策と伊達公子だ。



木山裕策は「妻&4人の男児のパパ♪」


ホームという歌が実にいい! 私も何回も聞いた。

デビューにいたる家族とハンター多胡邦夫との熱いドラマも

何回も家内と一緒に見ている。

私もすっかり馴染みになった。

歌が実に快い。


おっ家内は毎晩、木山の公式ブログを見ている。

  → http://tearbridge.com/kiyama/profile/


まるで憧れの人を見つめているように…。

応援してあげたいのだと!

久しぶりに家内に青春の火が灯ったようだ!


木山裕策をインターネットで検索してみた。

 グーグル 647,000件
 ヤフー  724,000件




一方、伊達公子はグーグル  458,000件
        ヤフー  3,020,000件→凄い件数だ!

伊達は37歳からの再挑戦だ。

その影響力は凄いの一言に尽きる。



たくさんの人に、

「いつ始めても遅くはない、始めるのに制限はない」

という勇気と実行の強いメッセージを植え付けた。




笑顔がまたいい!

家内も私も以前にテニスをやっていたので、余計に身近に感じる。

ライジングショットの難しさもよくわかる。



それを練習に次ぐ練習を重ねて、やっと自分のものにした。

始めからの天才はいない。

人知れず、努力に次ぐ努力を続け、やり続け、

やっとのことでその域まで登り続けた。

その努力の結果が天才なのだ。



「どこにも特別な人はいない。

 やり続けた人、やり遂げた人が特別なのだ」

本当にその通りだと思う。



今回の伊達の笑顔がまたいい。

以前の「世界の伊達」という重圧の看板を背負うことなく、

今回は純粋にテニスを愛するプレイヤーとして、そして

日本にテニスの熱い新しい目を広げようとの使命感に燃えて

熱く光っている。


今回のその素晴らしい決断と実行力、快挙!

そして、それを後押しした夫の優しい理解と包容力。

素晴らしい二人に乾杯。

伊達のブログは 「いつも笑顔を!」

  → http://ameblo.jp/kimiko-date

その日の試合の結果をすぐにアップしているそのまめさも素晴らしい。

すぐにたくさんのコメントが寄せられる。

今に日本にとても素晴らしい清々しい「カンフル剤」だ。

ありがとう二人!

家内は二人を追っかけている。

そして、私も家内を追っかけている。

ありがとう。全てに感謝しています。


木山裕策
スポンサーサイト

2008年05月05日 心の健康 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。