">
腰痛 病めて腰痛、飛んでけ腰痛! 団塊・健康管理士せぐパパがお届けする究極の腰痛対策、六つの秘密!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ショック! あなたの腰痛は治りません。今のままでは…!


ショック!

腰痛に対する今までの知識では、もう古いということがわかったんです。

前回お伝えした内容ですが、覚えておられますか?

●安静にしていてはダメなんですよ。

●レントゲンしちゃダメなんですよ。

●腰痛は年寄りのものじゃないんですよ。

●重いものを持つから、腰をよく使うからなんて関係ないんですよ。

●椎間板ヘルニアや骨盤のズレも腰痛に関係ないんですよ。

信じられますか~? こんなことを!




私は信じられませんでした!

でも、これは欧米の科学者たちが集めた確証・エビデンスに基づくものであり
一番真実に近いものなのです。



そうなんです。欧米の「腰痛ガイドライン」というものがあって、そこには上記の事が
科学的根拠に基づいて、記載されているんです。

私は子供のころから、親からや周りの人達(お医者さんや鍼灸・あんま・マッサージ
それに整体師やカイロプラクターの先生方から、いろんなことを教わってきており、それは
正しいものだと思っていました。

だって周囲の大人の人だけでなく、お医者さんや先生方までがそんなことを言っておられた
のですから、頭からそれが正しいって信じちゃいますよね。

でも、欧米の腰痛ガイドラインでは、私が教わってきたこのような知識は科学的な信ぴょう性
がないっていうんです。

即ち、今までの日本での腰痛に関する知識やノウハウ、治療方法や慣習・慣行はある一部では
間違っておらず、それらの方法で腰痛の痛みが取れて、一時的に楽になった人は確かにいる
のですが、それらは計数的、統計的に立証されたものではないというのですよ。

そのガイドラインによれば、間違ってはいないがそれですべてをカバーできるものではなく
全ての人に適用できるような、普遍性がないというのです。


普遍性って難しい言葉ですが、要は誰にでも同じように適用されるということなんですよね。

う~~ん、そう言えば、腰痛で悩んでいる人の多くは、あっちの医者、こっちの医者に行っても
どこに行っても治らず、いわゆるドクターショッピングでお医者さんを転々としておられる方が
多いですよね。

う~~ん、確かにそうですよね。でもそう言われてみれば、根拠がない治療だから、あちこちの
医者で治療法も違うし、何故治療法がそんなに違うのかなぁと疑問に思っていたんですよ。

そうは思われませんか?

ではこの続きはまた次号にて!
スポンサーサイト

2008年02月16日 腰痛 トラックバック:0 コメント:0

腰痛クイズ:腰痛は何番目?

前回のクイズ:

皆さんが困っている症状に下記がありますが、
どれが一番困っている人が多いと思いますか?

1. 腰痛
2.肩こり       
3.四十肩、五十肩   
4.ひざの痛み
5.坐骨神経通
6.神経痛
7.冷え性

 *尚、1.腰痛については、私が腰痛持ちであること、
      このブログの主題でなので一番に書いただけですので、
      一番に書いてあるから、きっとこれに違いないと
      早決めしないでくださいね。

    身の回りの方も思い出して一番多いのはどれでしょうね?

  ↓
  
  ↓

  ↓


答え:  腰痛なんですよ~。
     すみません、引っ掛け表現をしまして!


参考までにヤフーの検索件数を調べました。
(項目数は増えています)

1. 腰痛      848万件
2.肩こり     632万件   
3.冷え性     389万件→意外と多いのですね。
4.神経痛     167万件
5.関節痛    128万件
6.ひざの痛み  81万件  
7.五十肩     69.2件→四十肩の3倍?驚き!! 
8.坐骨神経通  40.4万件
9.四十肩、    21.2万件

これは一面的かもしれませんが、こうして、
数字で傾向を見るのも面白いですね。

これでいかにたくさんの人が腰痛で悩んでいるか?
何か腰痛に関係する問題があるか、
腰痛に何かの関係がある(職業も含めて)と
いうことが分かりますよね。



では、本日のクイズです。

腰痛の原因になるものにどんなものがあるでしょう?
ちょっと抽象的ですが、体のどの箇所が腰痛を
引き起こすのか?という質問です。

これは根本的な原因を探るもので、根本的な原因の
結果として起こるものも含まれているので注意くださいね。


根本的な原因となるもの2つを選んでみてください。

・内臓
・脚の長さ
・骨盤
・背骨
・脚の太さ
・肩こり
・背筋

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
分からないままに考えてみてくださいね~。















2007年03月17日 腰痛 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。